Top >  子犬はどこで選ぶ? >  保護施設というのがあります

保護施設というのがあります

保護施設は、保健所で処分寸前に

愛護団体によって保護されて飼育されている場所のことをいいます


保健所に行くことが出来ないという方は、

保護施設に行くということも考えてみてください


保護施設の人たちは、

犬が人間に恐怖感を抱かないように日々から訓練をしています


また、プロなので引き取ってからの相談にも親身に聞いてくれますよ

ちなみに、以下の情報をお知りになりたい方はこちらをご覧ください
【はじめて子犬を選ばられる方が見ている人気ページです】


ペットショップで選ぶ場合のアドバイス

犬のしつけ方法も一緒に知っておきたい場合はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

子犬はどこで選ぶ?

子犬と運命的に出会うのもステキですが、
衝動買い(飼い)ではなく、ちゃんと考えてからにしましょう。

関連エントリー

ペットショップで選ぶ場合
ブリーダー、犬舎から選ぶ場合
保健所を利用
保護施設というのがあります
一般家庭からの里子




失敗しない子犬の飼い方・選び方メールセミナー 犬の飼育暦15年の愛護スタッフが教える【失敗しない犬の飼い方・選び方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録