Top >  失敗しない子犬の選び方 >  子犬の耳と目を見ましょう

子犬の耳と目を見ましょう

ペットショップでは、犬を抱っこすることも出来るので、

抱っこしたときに、耳の中は綺麗か見てみましょう


耳の中が綺麗な場合は、いいのですが、

汚いときは、ちゃんと手入れをしていないという証拠です

外耳炎の原因にもなり、汚いことで良いことなど一つもありません


それと、目も見てみましょう


目は、目ヤニが溜まっていないかを見てください


また、目が充血してしまっていることもあるので、

そのときは、ペットショップの店員に言って注意を促してあげましょう

ちなみに、以下の情報をお知りになりたい方はこちらをご覧ください
【はじめて子犬を選ばられる方が見ている人気ページです】


ペットショップで選ぶ場合のアドバイス

犬のしつけ方法も一緒に知っておきたい場合はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

失敗しない子犬の選び方

子犬の選び方は慎重に。
誰も教えてくれないことをお教えします。

子犬の選び方は、なかなか誰も教えてくれないですよね。
でも、重要な選び方のポイントがあるんです

関連エントリー

信頼出来るブリーダーを探す
信頼出来るペットショップとは
元気のある子ってどうなの?
寝ている子ってどうなの?
糞尿が散らばっていないか?
血便をしていないかチェック!
子犬は汚れていない?
子犬の耳と目を見ましょう
ショーケースの中にシートは?
エサをあげている器を見る
水は常備されているかチェック
子犬を触る際に消毒してる?
犬の保険をチェック




失敗しない子犬の飼い方・選び方メールセミナー 犬の飼育暦15年の愛護スタッフが教える【失敗しない犬の飼い方・選び方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録