Top >  子犬がなりやすい病気 >  ケンネルコフとは

ケンネルコフとは

ここでは、子犬がなりやすい病気を解説していきますね


ケンネルコフという病気を聞いたことありますか?

これは、感染病の1つです


通常は、子犬が感染しやすいのですが、成犬でも感染する可能性があります


症状としては、咳が止まらなくなります

人間で言う喘息のような症状です。朝も昼も夜も問わず、咳をし続けます


命に関わる病気ではありませんが、病院に行くのが一番無難です


また、同時に加湿器の設置も行いましょう

犬は、湿度70パーセントくらいが一番過ごしやすいと言われています


私の友人の犬もケンネルコフでしたが、

加湿器を置き、投薬治療を続けた結果、治りました


それから、これは飼い主にとっては常識なのですが


定期的な健診は必ずやりましょう!


病気を早めに発見できれば、

進行を抑えたり症状を改善したりすることが可能です。


この健診を自宅で簡単に出来る『キット』もあります

愛犬の尿と便を付属のキットで採取して、

郵送するだけで、自宅に居ながら愛犬の健康状態がチェック出来ます


約1週間後には、飼い主の手元に検査結果が送られます


※検査は、国の認可を受けた登録衛生検査所で実施されます


出来るだけ長生きしてもらうためにも必ず活用してくださいね

キットの詳細やお値段は

オフィシャルサイト:愛犬用郵送検診キット【わんわんチェッカー】をご覧ください


ちなみに、以下の情報をお知りになりたい方はこちらをご覧ください
【はじめて子犬を選ばられる方が見ている人気ページです】


ペットショップで選ぶ場合のアドバイス

犬のしつけ方法も一緒に知っておきたい場合はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

子犬がなりやすい病気

子犬は免疫力も低く、病気になりやすいです。
犬の飼育暦15年の愛護スタッフの私が解説します。

子犬は、免疫力が低いために、
病気に感染してしまうことが多くあります。

すぐ死んでしまうこともあるので、
病気について詳しく知ってみましよう。

関連エントリー

ケンネルコフとは
ジステンパーとは
低血糖とは




失敗しない子犬の飼い方・選び方メールセミナー 犬の飼育暦15年の愛護スタッフが教える【失敗しない犬の飼い方・選び方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録